その眼差しからにじみ出る意志力を信じて

IT業界に携わっていることで、IT文明によって彩られていく社会によって、誰しもが幸せな世の中となるように働こうと思っている方がいることでしょう。故に、将来を達観した眼差しでもって社会生活を送ることが重要になっていくのであり、将来を見通す力を備えている我々人類によって、後の世代に希望をもたらしていく義務が生じてくるのです。

そのため、確かな将来性を携えている以上、現状を変えていこうとする働きかけが必須となるのであり、その向上心があってこそ、今日の日本社会が形作られていったわけなのです。

将来を予想するということは、これから何が起きるかわからない情勢の中で、ワクワク感を伴いながら社会生活をしていくことを意味することになります。それは、あたかも遥か地平線の彼方を見渡していくかのような心境にも例えられると思い、そうした心境を持ち続けていく限り、社会の終わりなき発展をしていこうという信念を抱くことにもなるのです。

故に、我々人類が存在し続ける限り、その発展性はとどまることを知らないのでしょう。また、社会に出る前の就職活動を控えた学生においても、これから見渡す限りの広い世界を想起させる将来という言葉を胸に刻み込み、希望のIT企業に入社できるように尽力していくことでしょう。

そして、希望に満ち溢れた将来を信じることが、とりもなおさず明日への活力となるのです。最後に、将来はみんなの力で形作られていくものなのだということを意識していくべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です